PR

産経WEST 産経WEST

星稜・奥川が本領、最速151キロで17K 選抜高校野球

星稜(石川)-履正社(大阪) 8回、履正社・田上奏大を三振に抑え吠える星稜(石川)・奥川恭伸=23日、甲子園球場(撮影・水島啓輔)
星稜(石川)-履正社(大阪) 8回、履正社・田上奏大を三振に抑え吠える星稜(石川)・奥川恭伸=23日、甲子園球場(撮影・水島啓輔)
その他の写真を見る(1/3枚)

 強豪対決となった選抜高校野球大会初日の第3試合は、星稜(石川)が履正社(大阪)を3-0で下した。大会ナンバーワン投手との呼び声も高い星稜のエース奥川が、初戦から底知れぬ実力を見せつけた。最速151キロの直球と切れのある変化球で的を絞らせず、強打の履正社打線から毎回の17三振を奪って3安打完封。昨年の春夏に続いての出場となるが「コースを突くことを意識した。甲子園で初めて力を出せたと思う」と達成感に浸った。

 スタンドの視線をいきなりくぎ付けにした。一回、先頭の桃谷へ投じた4球目が151キロをマークし、4万1千人の大観衆がどよめいた。かと思えばスライダーやフォークボールを低めに集めて緩急を付け、中盤からは完投を見据えて球速を130キロ台に抑え、体力を温存。「押すところは押して、引くところは引けた」(奥川)という投球術も光り、味方の援護は3点で十分だった。

 林監督は「期待に応えないといけないとナーバスになっていた部分もある」と大会前の奥川の心境を打ち明ける。だからこそ「力むなと言っても難しいので、最初から飛ばしていいよ」と声をかけていたといい、「序盤から飛ばしたけど、エネルギーが切れることなく投げ切ってくれた。これだけの投球ができるのはさすが」と重圧をはねのけて結果を出したエースをたたえた。

 この上ないスタートを切った奥川だが「気持ちを緩めず、満足することなく戦いたい」と語る。頂点を目標とするからこそ、一切の慢心は見当たらない。(岡野祐己)

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ