PR

産経WEST 産経WEST

部活中に倒れ1カ月後死亡 相撲部の中1男子 高知

 高知県香南市の市立野市中で1月、中学1年の男子生徒が相撲部の活動中に倒れ、約1カ月後に死亡していたことが21日、同校への取材で分かった。

 同校によると、男子生徒は1月15日午後、階段38段をダッシュで5往復する準備運動をした後、屈伸運動中に倒れ、救急搬送中に意識を失い2月12日に多臓器不全で亡くなった。持病など健康状態に問題はなく、倒れた日にあった体育の授業でも体調不良は見られなかったという。倒れた原因は分かっていない。

 同校の志磨村俊二校長は取材に対し「自動体外式除細動器(AED)の訓練回数を増やすなど、対応の改善に努めたい」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ