PR

産経WEST 産経WEST

「青もみじ」色の展望列車、限定運行 叡山電鉄鞍馬線

緑色に塗装された「青もみじきらら」のイメージ(叡山電鉄提供)
緑色に塗装された「青もみじきらら」のイメージ(叡山電鉄提供)

 叡山電鉄(京都市左京区)は、沿線のモミジが楽しめる展望列車「きらら」の外装を緑色に塗り替えた列車「青もみじきらら」を21日から運行する。近年、人気が高まっている新緑の青モミジをイメージしたデザインとなっている。

 きららは、平成9年に鞍馬(くらま)線(宝ケ池-鞍馬駅)に導入された展望列車。沿線の景色を満喫してもらおうと、座席が大きなガラス窓に向けて配置されているのが特徴で、普通運賃で乗車できるため紅葉の季節には大勢の観光客でにぎわう。

 車両の塗装変更は、同線の開通90周年を記念した事業の一環。赤色とだいだい色の2編成(1編成2両)あり、赤色の車両を、爽やかな青モミジをイメージしたメープルグリーンの塗装に変えて運行する。

 2020年12月までの期間限定。第1便は、21日午前9時45分に出町柳駅を発車して鞍馬駅に向かう。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ