PR

産経WEST 産経WEST

阪神の韋駄天ルーキー近本は赤星2世になれるか

赤星2世の期待がかかる阪神の近本=甲子園(松永渉平撮影)
赤星2世の期待がかかる阪神の近本=甲子園(松永渉平撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 昨季セ・リーグ最下位からの巻き返しを狙う阪神。今季のキーマンの一人が、ドラフト1位の近本光司外野手(24)=大阪ガス=だ。「僕の武器は足」「目標は新人王と盗塁王」とアピールし、阪神OBで5度の盗塁王に輝いた赤星憲広氏と重ね合わせて「赤星二世」と期待される。生真面目な性格で、走力向上にも研究熱心な“トラの優等生”は、外野に名手がそろう阪神で開幕スタメンをつかめるのか。

 ■全力アピール

 かつて主力外野手として人気を誇った新庄剛志氏らの背番号「5」をまとった近本。2月に行われた1軍の沖縄・宜野座キャンプに参加。続く3月のオープン戦でも、競争による厳格な起用方針を打ち出す矢野燿大(あきひろ)監督に、必死のアピールを続けている。

 “デビュー戦”から全力プレーだった。2月7日に行われた宜野座キャンプ初の紅白戦には「2番・中堅」で先発出場。3打数1安打1四球とまずまずのスタートを切った。

 果敢に盗塁も狙ったが、これは牽制(けんせい)で挟まれてアウトに。ミスを恐れず次の塁を狙うのは、矢野監督が戦術の基軸に掲げる「積極的走塁」にかなったプレーでもある。

 キャンプでは「自分のできることをしっかりやるだけ。アピールしていくだけ」と新人らしく全力疾走で練習に打ち込む一方、実戦のプレーでは、打撃時に味方走者や相手守備を意識するなど、社会人らしさも見せた。開幕1軍入りするには、オープン戦でさらに「目に見える結果」が求められている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ