PR

産経WEST 産経WEST

教え子の中1男子の首絞める 「厳しく指導した」傷害容疑で中学教諭逮捕

 教え子の中学1年の男子生徒(13)の首を絞めるなどして軽傷を負わせたとして、大阪府警此花署は18日、傷害容疑で、大阪市立の中学校教諭、尾松大義(ひろよし)容疑者(33)=大阪府豊中市=を逮捕した。「暴力はふるったが、首は絞めていない」と容疑を一部否認している。

 逮捕容疑は8日午前11時半ごろ、同校の教室などで、男子生徒の首を手で絞めるなどし、軽傷を負わせたとしている。

 此花署や大阪市教育委員会によると、尾松容疑者は生徒の担任。授業中に居眠りしたとして、生徒を休み時間に呼び出し、暴行を加えたという。尾松容疑者は「授業態度を何度も注意したが直らないので厳しく指導した」と話しているという。

 尾松容疑者は同校で生活指導を担当。平成21年の採用以降、生徒への体罰で懲戒処分を2度受けている。市教委は「事実確認の上、厳正に対処します」とコメントした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ