PR

産経WEST 産経WEST

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】藤浪2軍の激痛…波紋は大きいぞ

 また、藤浪が2ケタ勝利を続けていたときによく耳にしたのは「藤浪はコーチのアドバイスを聞かない。チームの中で浮いている」という噂でしたね。スター選手を腫れ物のように扱い、結果として孤立を招く阪神の伝統的?な体質を見る思いでしたが、そうした環境面が低迷を招いたとすれば阪神球団は選手の管理方法を見直すべきでしょう。他球団では、実績を築いた選手がコーチの言うことを聞かなくなる…なんて話はあまり耳にしたことがありません。

 藤浪が1軍の先発ローテーに入れば普通に2ケタ勝利を計算できます。開幕2軍はそれを見事に抹消してしまいました。そして、スカウト活動や球団の選手管理そのものに対するマイナスイメージ…など各方面への悪影響ははかり知れません。

 阪神球団は総力を挙げて藤浪の再生に取り組まなければなりません。なにが原因で、何が本当の処方箋なのか。2軍落ちの末に今後も本人任せの再生プランならば、阪神球団が負う傷はさらに深く、取り返しがつかないものになるでしょう。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ