PR

産経WEST 産経WEST

構図固まった大阪ダブル選 自公共闘で一枚岩なるか

大阪ダブル選の構図
大阪ダブル選の構図

 4月7日投開票の大阪府知事と大阪市長のダブル選の構図が固まった。大阪市議会に続き、15日には大阪府議会も閉会し、地元議員らも論戦を本格化。16日朝には、自民党が大阪府知事選に擁立する元副知事、小西禎一氏が、自民府連会長や推薦を決めた公明府本部の代表らと会見し、共闘をアピールした。対する維新側は、共闘の動きを「野合談合」と批判。「大阪都構想の信を問う」と訴えた。

 ■「協力」アピール

 ダブル選では、大阪維新の会代表の松井一郎府知事と維新政調会長の吉村洋文・大阪市長が立場を入れ替えて出馬する。対する自民は市長選に元大阪市議の柳本顕氏、知事選に元副知事の小西氏をそれぞれ擁立することを決めた。

 焦点となるのは、都構想への信を問うとする維新に対し、自公がどこまで一枚岩となって戦えるか、幅広い「反維新」勢力をどこまで取り込めるかだ。

 平成23、27年のダブル選で自主投票としていた公明は、今回は小西、柳本両氏の府本部推薦を決定。「反維新・自民支持」の態度を鮮明にする。

 公明府本部の佐藤茂樹代表は16日、会見で「スケジュールありきで党利党略の選挙をした。住民不在だ」と維新を批判。自公による府議・市議選の相互推薦の動きなどを踏まえ、「自公の連立政権は極めて安定している。『自公の協力』を大阪でも選挙協力という形で明確にしようと1年前から議論し、その成果がいま積み上がりつつある」と語った。自民府連の左藤章会長も「自民党、公明党、力をあわせて大阪の現状を打破していきたい。自公政権のもと、地方でも自公を中心に大阪の発展に期したい」と訴えた。

 ■自公軸に反維新

 自民は二階俊博幹事長が知事選告示日の21日に大阪入りするなど力を入れる。候補者擁立は難航したものの、夏の参院選大阪選挙区の党公認候補から府連の要請を受け入れて市長選への立候補を決断した柳本氏は、「不退転の決意で臨む」と強調。参院選公認を辞退する意向だ。

 15日には安倍晋三首相と官邸で面会。柳本氏によると、首相からは「国でも自公、地方でも自公という態勢をつくらなければならない。しっかりと自公で勝ち抜かなければ次の衆院大阪12区補欠選にも響く」と激励されたという。

 国政での自公連立の枠組みを地方でも前面に出して戦いたい自民は、今回の公明府本部の推薦を歓迎。「大阪でやっと自公で維新と戦える」(府連幹部)と意気込む。今後は自公を軸に、幅広い「反維新勢力」も取り込みたい考えだ。立憲民主府連は16日、小西、柳本両氏の自主支援を決定。国民民主府連も支援する方向のほか、連合大阪も小西氏の推薦を決め、依頼があれば柳本氏も推薦する方針だ。

 こうした動きに対し、維新は批判を強める。松井氏は「とにかく全政党が都構想をいやがってつぶそうとしている。野合談合ですよ」と指摘。「(都構想は)27年のダブル選での公約。一丁目一番地でやってきた。それを公明党にだまされてできなくなったから選挙に挑戦する。明確に世の中の人に信を問いたい」と述べている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ