PR

産経WEST 産経WEST

大阪ラーメン、第8弾は「じゃりン子チエ」とコラボ

 ■スープを原点回帰

 味でも大阪らしさを打ち出そうと、スープは「とろみ」を重視した第7弾とは方向性を変え、濃厚さと甘辛さを打ち出して人気を呼んだ第1弾の味に原点回帰することにした。

 牛脂が入った調味油を別添することでコクを生み出している。鶏肉そぼろ、ねぎなどのかやくもスープに合うように一新している。スープを担当するエースコック本社研究室の上田涼平係長(35)は「初代の味を参考に、スープのうまみが引き立つよう工夫しました。懐かしくて新しい大阪ラーメンを楽しんでいただけたら」と話している。

 大阪ラーメン エースコックとの共同開発による大阪ラーメン第1弾は平成23年12月に発売され、これまでに第7弾まで発売、累計販売個数はおよそ700万食にのぼる。

 じゃりン子チエ 大阪を舞台に、ホルモン焼きの店を切り盛りする小学5年生の少女、チエを主人公に、自由奔放な父親のテツをはじめ周囲の個性的な登場人物や猫たちの生活を描いた人情コメディー漫画。昭和53年から約19年にわたって「漫画アクション」(双葉社)で連載され、全786話。56年にアニメ映画化、テレビアニメ化、平成3年に再度テレビアニメ化された。現在、電子書籍を扱うhontoなどで、漫画の電子新訂版を配信中。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ