PR

産経WEST 産経WEST

【夜間中学はいま】(1)小2で不登校、手こずる「九九」にも学び直す喜び

尼崎市立成良中琴城分校の数学の授業で、教諭(左)に教えられながら問題を解く大永尉惠さん(右)=30日午後、兵庫県尼崎市(安元雄太撮影)
尼崎市立成良中琴城分校の数学の授業で、教諭(左)に教えられながら問題を解く大永尉惠さん(右)=30日午後、兵庫県尼崎市(安元雄太撮影)
その他の写真を見る(1/4枚)

 「九九が苦手。6から上の段は(記憶が)あやしいです」。習熟度別の数学の授業で、2桁や3桁の筆算問題が並ぶプリントと格闘する大永尉惠さん(32)=兵庫県尼崎市=は、そう言ってはにかんだ。

 大永さんが通うのは全国に31校ある夜間中学のひとつ、尼崎市立成良中学校琴城分校。空が夕焼けに包まれる頃、「こんばんは」のあいさつとともに生徒たちが登校し、夜空に星が瞬く頃、授業が終わる。昼の中学校との違いは時間帯だけではない。41人の生徒の年齢層も10代から80代まで幅広い。「うーん」と頭を悩ます大永さんに、机を並べる70代の男性が「前回休んだから忘れてるな」と教える光景は、「夜間中学ならでは」(担当の桜井克典教諭)。生徒の国籍も日本、韓国、中国、ネパール、タイなど国際色豊かだ。

 小学2年で習う九九に大永さんが手こずるのは、小2から不登校となったため。仕事や2児の子育てで多忙な真っ只中、「学び直し」の場を求め、半年余りの試験登校を経て平成29年4月、正式に入学した。

うまく書けた「達」

 社会現象にまでなった漫画「美少女戦士セーラームーン」に夢中だった小学1年の冬、大永さんの生活は両親の離婚で一変した。父は仕事に追われ、姉たちも自分のことで精いっぱい。幼い大永さんを朝起こしてくれる人はおらず、生活リズムの崩れから登校する日が減っていく。たまに教室に姿を見せても授業はわからず、学校からさらに足が遠のいた。高学年になると級友から無視されるなどのいじめにもあった。「居場所がなかった」と当時を振り返る。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ