PR

産経WEST 産経WEST

夜間中学、全国6カ所で新たに設置構想 本紙調査

夜間中学の設置状況
夜間中学の設置状況
その他の写真を見る(1/2枚)

 戦争や貧困などのために義務教育を受けられなかった人らを受け入れる夜間中学をめぐり、4月に新たに開校する埼玉県川口市と千葉県松戸市のほかに、全国6カ所で新設に向けた動きがあることが産経新聞の取材で分かった。夜間中学は現在、全国8都府県に計31校あるが、文部科学省は、教育機会確保法に基づき、各都道府県に最低1校以上の設置を促しており、今後、設置に向けた動きが加速する可能性がある。

 設置に向けた動きが浮上しているのは、札幌市▽宮城県▽茨城県常総市▽相模原市▽徳島県▽高知県-の6カ所。常総市、徳島県、高知県では設置に向けた準備が具体的に進行中で、宮城県も設置を想定して検討を始めている。札幌市、相模原市は市議会で前向きに設置を検討するという趣旨の答弁があった。

 産経新聞社は、都道府県と政令市で夜間中学を担当している部署を対象にアンケートを実施。夜間中学の設置予定などについて尋ねた。埼玉県と千葉県は今年4月にそれぞれ開校予定と回答。茨城県では、常総市が市教委内にプロジェクトチームを立ち上げ、来春の開校を目指している。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ