PR

産経WEST 産経WEST

広電の路面電車ルート変更、直結…JR広島駅ビル建て替え

広島駅ビルの完成イメージ(広島市提供)
広島駅ビルの完成イメージ(広島市提供)

 広島市やJR西日本、広島電鉄の3者は15日、広島駅ビルの建て替えや路面電車乗り場をビルと直結させることなどを盛り込んだ駅ビル周辺の再整備計画を発表した。路面電車は一部高架化し、ルートも変更する。2020年度から工事を始め、25年春の開業を目指す。

 市などによると、新たな駅ビルは地上20階、地下1階。現在地上にある路面電車の乗り場を高架にすることで、JRの改札口と同じ階でつなぐ。乗り場の屋根には折り鶴をイメージしたデザインを用い、駅ビルには映画館やホテル、商業施設が入る。現在の駅ビルは20年3月末で閉館する。

 記者会見した広島市の松井一実市長は「訪れた人に平和とにぎわいを感じてもらえる施設になれば」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ