PR

産経WEST 産経WEST

伊方3号機、運転認める 山口地裁岩国支部、仮処分

「不当決定」などのメッセージを掲げる住民側関係者=15日午前、山口地裁岩国支部前
「不当決定」などのメッセージを掲げる住民側関係者=15日午前、山口地裁岩国支部前

 四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転を禁止するよう、50キロ圏内に住む山口県東部の三つの島の住民3人が求めた仮処分で、山口地裁岩国支部(小野瀬昭裁判長)は15日、申し立てを退ける決定を出した。

 主な争点は、伊方3号機から約130キロ離れた熊本県・阿蘇カルデラの火山リスクや、耐震設計の目安となる地震の揺れ(基準地震動)に関する原子力規制委員会や四国電の規定や評価が妥当かどうか。

 住民側は「伊方原発周辺は中央構造線断層帯が通っており、南海トラフ巨大地震で甚大な被害を受けるリスクが高い」と主張。阿蘇カルデラの破局的噴火による火砕流到達の危険性も訴えた。四国電側は、地質調査や過去の噴火状況などを検討した対策を取り「安全性は十分に確保している」と反論していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ