PR

産経WEST 産経WEST

来年のびわ湖毎日マラソンは午前開催へ

今年のびわ湖毎日マラソン 29キロ付近で力走する山本憲二(32)、川内優輝(33)ら(代表撮影)
今年のびわ湖毎日マラソン 29キロ付近で力走する山本憲二(32)、川内優輝(33)ら(代表撮影)

 びわ湖毎日マラソンが来年3月8日に実施する次回大会を午前スタートに変更することが14日、分かった。同じ3月8日には名古屋ウィメンズマラソンもあり、午前開催で重なることになる。

 両レースは2020年東京五輪代表の男女3枠目を争う「マラソングランドチャンピオンシップ・ファイナルチャレンジ」の最終戦として、それぞれ実施される。マラソンの魅力を発信する貴重な機会なだけに、日本陸連の尾県貢専務理事は14日の理事会後、「午前にどちらも行うことには、いろいろなところが抵抗している」と語った。

 両レースは今年も3月10日の同日開催。スタートは名古屋が午前9時10分、びわ湖毎日が午後0時30分と、テレビ中継の時間は重複しなかった。尾県専務理事によると、びわ湖毎日のコースは午前の方が午後より風が穏やかな傾向があり、タイムを狙いやすいことから主催者が時間変更を決めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ