PR

産経WEST 産経WEST

【野球がぜんぶ教えてくれた 田尾安志】一生懸命が何かを伝える

 それでも、僕は「球場に試合を見に来てくれたファンに、何かを感じ取って帰ってもらいたい」との信念を持っていた。例えば、守備位置に就く際の全力疾走。一生懸命にプレーする姿勢を貫くことで、何かを伝えたかった。

 「来場者には一生に一度の人がいるかもしれない。だから力を抜くな」-。中日時代の後輩で元横浜(現DeNA)監督の牛島和彦に、僕はそんな話をしたようだ。引退後に牛島から「田尾さんの言葉が印象に残っている」と聞かされた。僕にとって、ファンの存在はエネルギーそのものだった。

 選手とファンは互いにかけがえのない間柄。ファンはマナーを守り、選手は応援してくれるファンのために全力でプレーする。両者が支え合うような関係を築いていくことが重要だと思う。

(野球評論家)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ