PR

産経WEST 産経WEST

「電動化」で世界市場に反転攻勢 パナソニック、スポーツ自転車を拡大

 パナソニックが電動アシストタイプのスポーツ自転車の開発・販売を加速させている。2年前と昨年に本格的な電動マウンテンバイク(MTB)を国内市場へ投入し、今月には60万円(税別)の高級タイプも発売。さらに欧州向けには部品として電動駆動ユニットを輸出し、米国にもOEM(相手先ブランド供給)による完成車販売を予定している。同社の自転車事業は停滞が続き一時は撤退も検討されたが、電機メーカーの強みを生かせる電動化に勝機を見いだし、世界の電動自転車ブームに乗って反転攻勢に出ている。(上野嘉之)

パナソニックが発売する電動アシスト付きMTB「XM-D2」 =2月18日、大阪府柏原市のパナソニックサイクルテック本社
パナソニックが発売する電動アシスト付きMTB「XM-D2」 =2月18日、大阪府柏原市のパナソニックサイクルテック本社
その他の写真を見る(1/7枚)

工場も電動向けにシフト

 2月中旬、自転車事業子会社のパナソニックサイクルテック(大阪府柏原市)が本社工場をメディアに公開した。1階では、鉄のパイプを切断・溶接・塗装してフレームを作る伝統的な工程が行われ、従業員とパナソニック製のロボットが分担して進めていた。

 驚いたのは2階の作業場だ。ハイテクの検査機器が並び、電子部品が山積され、フロアの大半が電動アシストサイクルに充てられていた。パナソニックは電動車の国内市場シェア4割を握り、工場も電動を中心とする態勢や配置にシフトしてきたのだ。

パナソニックの電動アシストMTB「XM-D2」の組み立て工程 =2月18日、大阪府柏原市のパナソニックサイクルテック本社工場
パナソニックの電動アシストMTB「XM-D2」の組み立て工程 =2月18日、大阪府柏原市のパナソニックサイクルテック本社工場
その他の写真を見る(2/7枚)

 電動アシスト自転車の国内市場規模は2017年度で約64万台。そのほとんどは軽快車、いわゆるママチャリで、スポーツ車はまだ2%程度という。

 しかし電動スポーツ車の需要は世界中で高まっている。パナソニックサイクルテックの吉田哲也スポーツバイク推進課長は「欧州では電動MTBの伸び率が大きく、(スポーツ自転車市場の)25%まで拡大したと推定される」と説明。同社もこの成長領域を狙う戦略で、「国内で21年までに電動スポーツ車の市場規模を2倍に拡大したい」と意気込む。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ