PR

産経WEST 産経WEST

元歯科院長を書類送検 福岡、2歳女児死亡

Messenger

 平成29年に虫歯治療で局所麻酔をされた女児=当時(2)=の容体が急変したのに救命措置を怠り低酸素脳症で死亡させたとして、福岡県警は7日、業務上過失致死の疑いで同県春日市の小児歯科医院=閉院=で院長を務めていた男性(53)=同県筑紫野市=を書類送検した。認否を明らかにしていない。

 県警などによると、治療を終えた山口叶愛(のあ)ちゃんは体が硬直し目の焦点が合わなくなったが、元院長は昇圧剤を投与するなど救命措置をせず、救急搬送もしなかった。待合室で叶愛ちゃんは激しいけいれんを起こし、治療から約1時間後、両親が車で近くの病院に連れて行った。容体は回復せず、救急搬送された大学病院で死亡した。

 書類送検容疑は、29年7月1日夕、局所麻酔をされた叶愛ちゃんの容体が急変したのに適切な措置をせず、同3日に急性リドカイン中毒による低酸素脳症で死亡させたとしている。県警によると、虫歯治療は別の医師が担当し、麻酔薬の量は適切だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ