PR

産経WEST 産経WEST

新幹線の走る直下30mで…これがリニア名古屋駅、工事を初公開

Messenger
建設中のリニア中央新幹線の名古屋駅の工事現場。上は東海道新幹線のホーム=7日、名古屋市
建設中のリニア中央新幹線の名古屋駅の工事現場。上は東海道新幹線のホーム=7日、名古屋市

 JR東海は7日、リニア中央新幹線名古屋駅(名古屋市)の工事現場を報道陣に公開した。現在の名古屋駅の地下約30メートルにホームを建設。2027年の東京・品川-名古屋の開業を目指す。東海道新幹線や在来線が運行する中での作業となっており、同様の工事を行う品川駅、標高2千メートル級の山中を掘る南アルプストンネルと並ぶ難工事とされる。

建設中のリニア中央新幹線の名古屋駅の工事現場。東海道新幹線(左上)が運行する中での作業=7日、名古屋市
建設中のリニア中央新幹線の名古屋駅の工事現場。東海道新幹線(左上)が運行する中での作業=7日、名古屋市

 リニア名古屋駅は2016(平成28)年12月に着工し、報道陣への公開は初めて。これまでに東海道新幹線の高架橋の地盤を補強したほか、駅の壁となる鉄筋コンクリートを入れる立て坑の掘削作業をしていた。

 この日は工事現場向かいのビルから、まず全景を公開。新幹線の高架橋の真下で掘削機など重機数台が稼働していた。

リニア中央新幹線の名古屋駅工事現場での掘削作業=7日、名古屋市
リニア中央新幹線の名古屋駅工事現場での掘削作業=7日、名古屋市

 その後、高架橋下の現場に移動すると、名古屋駅工事のために特注で製造された掘削機が巨大なドラムカッターを回して作業していた。工事は24時間体制で行われている。JR東海愛知工事事務所の出口彰所長は「高架下を深く掘るという初めての工事なので慎重かつ丁寧にやりたい」と話した。

リニア中央新幹線の名古屋駅での掘削作業の様子=7日、名古屋市
リニア中央新幹線の名古屋駅での掘削作業の様子=7日、名古屋市

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ