PR

産経WEST 産経WEST

ベトナム人実習生、未払い賃金求める、京都地裁

Messenger

 京都府福知山市の縫製加工会社で技能実習生として働いていたベトナム人女性(39)が4日、最低賃金を下回る賃金で働かされたなどとして、会社側に未払い賃金や慰謝料など計約360万円を求める労働審判を京都地裁に申し立てた。

 申立書によると、女性は平成29年7月から勤務。会社は給料支払い明細書では基本給を約15万円としていたが、実際に支払われた基本給は6万円で、残業代の時給は1年目が400円、2年目が500円だった。

 また、日常的に1日約5時間残業しており、休日は日曜のみだったほか、会社側がパスポートや健康保険証などを強制的に保管していたとしている。

 女性は30年9月に退職し、11月から東京の実習先で勤務。女性が加入している外部の労働組合は未払い賃金の支払いなどを求める団体交渉を会社に要求したが、応じなかったという。同社の代理人弁護士は取材に「申立書を読んでいないので、コメントのしようがない」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ