PR

産経WEST 産経WEST

大阪は「風評被害を受けている」井上章一さん著「大阪的」が話題に

Messenger
「大阪がメディアで面白おかしく扱われていることに違和感を感じる」と話す井上章一さん=京都市下京区
「大阪がメディアで面白おかしく扱われていることに違和感を感じる」と話す井上章一さん=京都市下京区

 ステレオタイプ化された大阪像に異論を唱えた、国際日本文化研究センター教授の井上章一さん(64)の本『大阪的「おもろいおばはん」は、こうしてつくられた』(幻冬舎)が話題だ。おもろいおばちゃん、ドケチな商売人、熱狂的阪神ファン、エロの象徴…。それらは「メディアによって誇張された作り物のイメージ」とする井上さんの言説に、大阪人のアイデンティティーと誇りが呼び起こされるようだ。   (横山由紀子)

 ■笑い期待され

 「大阪出身だからといって、東京で面白いこと言うように期待されるのがつらい」「私が言いたかったことを著者が根拠を付けて言ってくれました。大阪は阪神、吉本、たこ焼きだけではありません」

 幻冬舎編集部には、井上さんの主張に賛同する読書カードが毎日のように届く。

 著者の井上さんは、巷に流布する紋切り型の大阪像にメスを入れようと、「大阪まみれ」のタイトルで、産経新聞夕刊(関西圏)文化面に平成28(2016)年4月~30年3月までコラムを連載。これを書籍化した。「メディアによって、一方的にねじ曲げられた大阪像。貼られたレッテルはおかしいと言いたい」と力を込める。

 昨年11月末に刊行され、現在の発行部数は4刷3万部と好調だ。幻冬舎担当編集者の小林駿介さんは、「当初は、大阪に特化した本が、他の地域でどの程度興味を持たれるのか不安でしたが、3万部はなかなかです。こういう本もありなんだと思いました」。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ