PR

産経WEST 産経WEST

4歳児虐待死で男2人に懲役10年判決 「母親指示」認定

Messenger
松本匠吾被告
松本匠吾被告

 大阪府箕面市で平成29年12月、筒井歩夢(あゆむ)ちゃん=当時(4)=が暴行されて死亡した事件で、傷害致死罪などに問われた母親の交際相手、松本匠吾(しょうご)被告(25)とその友人の大倉敏弥被告(21)に対する裁判員裁判の判決公判が1日、大阪地裁であった。大寄淳(おおより・じゅん)裁判長は「複数回殴って死なせており、態様は悪質」として、2人に懲役10年(いずれも求刑懲役12年)を言い渡した。

 判決によると、2人は母親の筒井麻衣被告(27)=同罪などで起訴=と共謀し29年12月以降、同居していた同市の集合住宅の筒井被告宅で歩夢ちゃんと弟(3)に暴行してけがを負わせ、同月24日夕~25日未明、あお向けの状態だった歩夢ちゃんの腹部を殴って内出血で死なせた。

 公判で検察側は、2人は筒井被告から「子供たちをしばいて」と言われて要求に応じたとしていたが、大寄裁判長は判決理由で、暴行は筒井被告の指示がきっかけだったと認定。ただ、2人が「指示を受け入れないことも可能であったし、指示がなくてもそれぞれが暴行を加えることもあった」とした。

 2人は起訴内容を認める一方、死亡につながるほどの暴行は加えていないと主張していたが、大寄裁判長は、歩夢ちゃんと弟に「皮膚が変色するほどの力で少なくとも1週間にわたって殴るなどの暴行を加えた」とし、「肉体的苦痛だけでなく、日常的に暴行を受ける恐怖といった精神的苦痛も大きかった」と指弾した。

 筒井被告の公判は始まっておらず、2人の公判に証人として出廷した際は黙秘した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ