PR

産経WEST 産経WEST

奈良・大神神社で直会殿の上棟祭

Messenger
上棟祭で行われた「曳綱の儀」=大神神社
上棟祭で行われた「曳綱の儀」=大神神社

 奈良県桜井市の大神神社で建設が進められている新直会(なおらい)殿(2階建て)の上棟祭が27日、約350人が出席して行われた。

 新直会殿は延べ約4900平方メートル。総工費は約32億円で、結婚式や祭典関連の催しを開くことができる大直会室(300人収容)や直会室(100人収容)のほか、大阪市内の篤志家から寄贈された能楽堂(客席350席)も備える。

 平成29年7月からJR三輪駅東側の境内地に建設中で、今秋完成予定。この日は祝詞奏上の後、棟木を設置するための「槌打(つちうち)の儀」や「曳綱の儀」などを行い、工事の無事を祈った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ