PR

産経WEST 産経WEST

広島の高齢男性強盗殺人事件で指名手配の男を逮捕

Messenger
冨田幸誠容疑者
冨田幸誠容疑者

 広島市中区銀山町(かなやまちょう)の住宅で住人の無職、植松一広さん(86)が殺害され、現金が奪われた事件で、広島県警は27日、強盗殺人の疑いで指名手配されていた住所、職業不詳の冨田幸誠(とみた・ゆきのぶ)容疑者(34)を逮捕した。滋賀県警の警察官が大津市内で発見した。

 逮捕容疑は19日夕方から20日早朝にかけ、植松さんの首や胸など十数カ所を刃物で刺して殺害し、現金などを奪ったとしている。

 冨田容疑者は事件後に広島市内の病院で左手親指を9針縫う治療を受けた。21日夜から22日朝には広島県福山市のインターネットカフェを利用していたほか、JR福山駅構内や岡山県浅口市のJR金光駅の防犯カメラに似た男が写っていた。

 県警によると、25日午前7時半ごろ、似た男が大阪市城東区のコンビニに来店し、店員に「東京に行くのはどうしたら良いか」と尋ねていた。

 店外の防犯カメラで自転車に乗っていたことが確認されており、県警は自転車で逃走しているとみて行方を追っていた。

 捜査関係者によると、冨田容疑者は元自衛官。自衛隊を辞めた後は職を転々としていたという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ