PR

産経WEST 産経WEST

【動画あり】世界初「アンドロイド観音」 京都・高台寺、3~5月に一般公開

Messenger
京都・高台寺でアンドロイド観音開眼 プロジェクションマッピングと身ぶり手ぶりで法話を行うアンドロイド観音「マインダー」=23日午後、京都市東山区の高台寺(永田直也撮影)
京都・高台寺でアンドロイド観音開眼 プロジェクションマッピングと身ぶり手ぶりで法話を行うアンドロイド観音「マインダー」=23日午後、京都市東山区の高台寺(永田直也撮影)

 豊臣秀吉の正室、北政所(きたのまんどころ)ねねゆかりの寺として知られる高台寺(京都市東山区)が23日、世界初というアンドロイド観音「マインダー」を報道陣に公開した。多くの人に仏教に興味を持ってもらおうと、大阪大と協力し製作した。

 同寺の後藤典生(てんしょう)執事長が、旧知の世界的なロボット研究者、石黒浩・大阪大教授に「仏様を人間に近づけることができないか」と持ちかけたことがきっかけ。

 マインダーは高さ約1・95メートル(台座含む)、幅約90センチ。柔和な表情をたたえる顔に対し、胴体部分は機械がむき出しになっている。

 同寺の教化ホールに安置。プロジェクションマッピングで壁に映し出された人々の問いかけに答える形で、法話を行う。後藤執事長は「マインダーはアンドロイドに変身した観音様。平易な言葉で語りかける法話に耳を傾けてほしい」と話している。

 3月8日~5月6日、同寺で一般公開される。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ