PR

産経WEST 産経WEST

愛しのレコジャケ展 鳥取市で開催

Messenger
レコジャケに見入る来場者=平成31年2月21日午前10時18分、鳥取市のパレットとっとり(矢部美智留撮影)
レコジャケに見入る来場者=平成31年2月21日午前10時18分、鳥取市のパレットとっとり(矢部美智留撮影)

 1960~80年頃のレコードジャケットの魅力を楽しむ「愛しのレコジャケ展」(鳥取商工会議所主催)が、鳥取市のパレットとっとり市民交流ホールで開かれている=写真。24日まで。

 同市でレコード、CDを販売する「ボルゾイ・レコード」が協力。ロック・ソウル・邦楽などのLP盤、EP盤計約300枚を展示している。レコジャケ愛好家12人が、それぞれのお気に入りベスト3を紹介したコーナーもある。

 インパクトのある表情を描いたロックバンド「キング・クリムゾン」のデビュー作の他、俳優や歴史上の人物らとメンバーを描いた「ビートルズ」の作品など芸術性の高いデザインは部屋の装飾にもなるほど。

 ポップアートの巨匠アンディ・ウォーホルがステッカー式のバナナをデザインした「ヴェルヴェット・アンダーグラウンド」のレコードなど名作ジャケットも並んでいる。

 同市のレコード愛好家の男性(67)は「レコードは心の記憶を呼び覚ます。ジャケットや音楽に時代の背景が刻まれ、懐かしさに浸れる」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ