PR

産経WEST 産経WEST

切符代着服の男性社員懲戒解雇 JR西日本

Messenger

 JR西日本は22日、客の注文より余分に切符を発券して代金を請求し差額を着服したとして、博多駅の男性社員(31)を懲戒解雇処分とした。

 JR西によると、男性は昨年12月9日~2月10日、同駅の窓口で7回にわたって客の注文より1枚多く切符を発券し、クレジットカード決済で代金を不正に収受。余分に発券した切符を払い戻し、現金計7万2570円を着服したという。

 今月15日に購入した客から問い合わせがあり発覚。JR西によると、男性は「生活費に困っていた」と説明しているという。男性はすでに着服した金を弁済しており、JR西は今後、カード会社を通じて客に返金する予定。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ