PR

産経WEST 産経WEST

マンション空き部屋の鍵悪用…隣室の空き巣繰り返す 大阪

Messenger

 マンション内に管理会社などが隠している空き部屋の鍵を悪用し、空き巣を繰り返したとして大阪府警吹田署と捜査3課は22日、窃盗と住居侵入の疑いで、大阪市中央区南久宝寺町の無職、西村祥伸(あきのぶ)容疑者(28)を逮捕、送検したと発表した。

 不動産関係者によると、マンションの空き部屋の鍵は、不動産仲介業者が客を案内するときに使えるように、建物内に隠しておくことがある。

 同署によると、西村容疑者はオートロックがないマンションを狙い、こうした空き部屋の鍵を探し出して室内に侵入。ベランダに出て隣室との仕切り板を破るなどし、入居者がいる部屋に侵入する手口で空き巣を繰り返していたという。

 同署などは昨年8~10月、大阪府内で計25件(被害総額約557万円)の犯行を裏付けた。現金のほかゲームソフトなども盗み、換金していたという。容疑を認めており、5件の窃盗罪などですでに起訴されている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ