PR

産経WEST 産経WEST

チョコ1250枚自主回収 兵庫の人気洋菓子店

Messenger

 兵庫県三田市の人気洋菓子店「パティシエ エス コヤマ」は22日、チョコレートの「SPIRIT OF CACAO リアル玉露」の一部に脱酸素剤が混入していたため、販売済みの1254枚を自主回収すると発表した。健康被害の情報は寄せられていない。

 回収対象は1月17日~2月14日に伊勢丹新宿本店(東京都新宿区)、ジェイアール名古屋高島屋(名古屋市)、ジェイアール京都伊勢丹(京都市)、阪急うめだ本店(大阪市)で販売され、賞味期限が「2019年7月14日」と記載された商品。いずれもバレンタインデー商戦の催事売り場で扱った。

 小袋で包装された脱酸素剤が原材料の玉露に入っており、取り除かないまま製造したのが原因。1月に購入した客から「チョコにビニール片が入っていた」と連絡があった。

 問い合わせは同店079(564)3192。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ