PR

産経WEST 産経WEST

【エンタメよもやま話】中国人が「ホワイトモンキー」と呼ぶ白人モデルたち

Messenger
1月下旬、春節の連休を前に、北京駅で帰郷のため荷物を運ぶ男性(AP)。昨年後半から早々と里帰りする出稼ぎ労働者が相次ぎ、失業との関連が指摘されている
1月下旬、春節の連休を前に、北京駅で帰郷のため荷物を運ぶ男性(AP)。昨年後半から早々と里帰りする出稼ぎ労働者が相次ぎ、失業との関連が指摘されている

 今週ご紹介するエンターテインメントは、春節(旧正月)の大型連休(2月4~10日)で多くの観光客が日本にも押し寄せた、あの国のお話でございます。

 みなさん「イエローモンキー」という言葉をご存じだと思います。黄色人種に対する蔑称(べっしょう)、人種差別の言葉。人権意識の高まりを受け、ほとんど耳にすることはなくなりました。

 ところが最近、海外では、「イエロー」ではなく「ホワイトモンキー」という言葉が物議を醸(かも)しているというのです。

    ◇   ◇

■「筋肉ムキムキの男性に、●●な仕事…」

 海外の主要メディアのサイトを巡回していて、以下の記事を見つけた時には驚きました。

 1月23日付で香港の英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)や英大衆紙サン(いずれも電子版)などが伝えているのですが、最近、中国の地方都市で違法就労する白人で、ムキムキの筋肉を誇示するといった性的なアプローチをしたり、見せ物のような扱われ方をしたり、役者のように別人格を演じたりする男女モデルが現地で「ホワイトモンキー」と揶揄(やゆ)されているというのです。

 SCMPなどによると、上海や広州といった大都市で働く外国人は、就労ビザを持ち、現地の大企業などで働いていますが、地方都市ではこうした違法就労の白人たちが「ホワイトモンキー」と揶揄されているといいます。こうした白人たちは現地で「モンキー・ショー」と呼ばれる企業のプロモーションイベントに登場し、撮影されているのだそうです。SCMPは「彼らは基本的に、企業マーケティングの小道具扱いにされている」と説明しているようです。

 中国にやってきて日が浅く、就労ビザはないものの、手っ取り早く仕事がしたい人には好都合。そして、彼らを“人寄せ”などに使いたい現地企業との仲介役は、英語を話す現地のモデル・エージェントが担当しているようで、2~3割の手数料を手にするという仕組みだそうです。エージェントは中国の中小企業から彼らを守り、住む家の家主や銀行との取引も行うといいます。

 エージェントの一人、アリスさんは、SCMPなどに、自身の中国名については口を閉ざしたものの、ビジネスの概要については明かしています。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ