PR

産経WEST 産経WEST

田子ノ浦親方「勝負勘養えるかも」園田競馬場に宿舎

Messenger
金沢和夫副知事(左)を表敬訪問した田子ノ浦親方(右)ら=神戸市中央区
金沢和夫副知事(左)を表敬訪問した田子ノ浦親方(右)ら=神戸市中央区

 大相撲春場所が大阪市浪速区のエディオンアリーナ大阪で3月10日から始まるのを前に、園田競馬場(尼崎市)に宿舎を構える田子ノ浦親方が18日、県庁を訪れ、金沢和夫副知事を表敬した。田子ノ浦親方は「地域の人に宿舎へ来てもらい、力士らと触れ合ってもらえれば」と呼びかけた。

 田子ノ浦親方が宿舎を探していたところ、同じ鹿児島県出身で親交がある小牧太騎手(日本中央競馬会所属)がかつて所属していた園田競馬場を紹介。県競馬組合からの提供が決まった。同組合によると、大相撲の宿舎が競馬場に設置されるのは珍しいという。

 同組合管理者でもある金沢副知事は「稽古で大変だろうが、競馬も楽しんで」とコメント。田子ノ浦親方は「競馬も同じ勝負事。勝負勘を養えるかも」と笑った。

 田子ノ浦部屋は元横綱の稀勢の里関が引退したが、大関の高安関が優勝を目指すほか、県内出身力士も所属。今月26日から朝稽古の見学受け入れなどを予定している。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ