PR

産経WEST 産経WEST

京都府警木津署長が自殺か

 京都府警は18日、木津署の男性署長(60)が京都市内の雑木林で死亡しているのが見つかったと明らかにした。遺書のようなものが残されており、府警は自殺の可能性があるとみて調べている。署長をめぐっては14日発売の週刊新潮が、息子の金銭問題を報じていた。

 府警監察官室によると、18日午後2時20分ごろ、同市北区大宮釈迦谷の雑木林で、署長が死亡しているのを京都府警北署員が発見。近くに停車していた署長の車の中から遺書のようなものが見つかった。署長はこの日、休暇を取っていたという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ