PR

産経WEST 産経WEST

産学カフェ ネスレ日本・嘉納未来氏「志ある会社選びを」

Messenger
「ネスレ日本株式会社の人事のマーケティング」のテーマで基調講演する嘉納未来・ネスレ日本株式会社執行役員コーポレートアフェアーズ統括部長=18日午後、大阪市北区の関西大学梅田キャンパス(奥清博撮影)
「ネスレ日本株式会社の人事のマーケティング」のテーマで基調講演する嘉納未来・ネスレ日本株式会社執行役員コーポレートアフェアーズ統括部長=18日午後、大阪市北区の関西大学梅田キャンパス(奥清博撮影)

 学生の就職活動について理解を深める会員制フォーラム「産学ワールドカフェ」(大阪商工会議所、産経新聞社、リクルートキャリア就職みらい研究所主催)が18日、大阪市北区の関西大学梅田キャンパスで開かれた。ネスレ日本の執行役員でコーポレートアフェアーズ統括部長を務める嘉納未来氏が「ネスレ日本の人事のイノベーション」をテーマに講演した。

 嘉納氏はネスレ日本に入社後、お客様相談室長などを歴任。社内外の広報を統括しながらメディア、行政、有識者などとの関係構築に取り組んでいる。嘉納氏は、学生に対し「会社選びでは、その会社に志があるかどうかが物差しになる」と話した。

 ネスレグループは世界約190カ国・地域で事業展開し、各国のマーケティング活動を通じて独自の製品を製造・販売している。少子高齢化で市場が縮小する日本での事業展開については、「ワークライフバランスの改善とともに、イノベーションあるアイデアがビジネス拡大や生産性向上につながっている」と指摘した。

 また、トークセッションには企業の人事担当者と、内定を得た学生らが登壇。シオノギ総合サービスの河本高歩氏は採用活動の理想について「会社の理念に対する理解と共感を得られるようにしたい」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ