PR

産経WEST 産経WEST

島根・木次駅にバレンタイン天使登場

Messenger
今度は、ハートを射貫こうとする天使が登場した木次駅の看板(島根県雲南市提供)
今度は、ハートを射貫こうとする天使が登場した木次駅の看板(島根県雲南市提供)

 島根県雲南市のJR木次(きすき)駅で昨年、「すき」の文字を「?(ハートマーク)」にした看板が設置され話題を集めたが、14日のバレンタインデーに合わせ、今度はその「?」を射貫こうとする天使が看板に登場。再び、注目を集めそうだ。

 「すき」を「?」にした駅看板つながりで交流がある大分県臼杵(うすき)市から、「弓矢を持った天使を付け足すアイデア」が雲南市に持ちかけられ、看板のやや左下の位置に弓矢を持った天使が13日、描き足された。ちょうど、天使がハートを射貫こうとするデザインとなっており、好きな人に思いを伝えるバレンタインデーにぴったり。

 「?」の看板は、昨年、木次駅の駅員やボランティアたちによって設置され、「インスタ映えする」などと鉄道ファンらの注目を集めた。今回、新たに天使が登場したばかりだが、新企画が今後も予定されているといい、天使のいる看板のデザインは3月13日までという。

 同駅は「『すき』の文字をハートマークにしてから、駅に写真を撮りに来る人が増えた。新たな企画にも大いに期待しています」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ