PR

産経WEST 産経WEST

【動画】「ドキドキします」石原さとみさん、フェルメール展語る

Messenger
「フェルメール展」トークセッションに登場した石原さとみさん。大阪会場のみの展示となる作品「恋文」の前で=14日午後、大阪市天王寺区の大阪市立美術館(宮沢宗士郎撮影)
「フェルメール展」トークセッションに登場した石原さとみさん。大阪会場のみの展示となる作品「恋文」の前で=14日午後、大阪市天王寺区の大阪市立美術館(宮沢宗士郎撮影)

 大阪市立美術館(同市天王寺区)で16日から始まる「フェルメール展」。14日の記者内覧会に登場した、展覧会ナビゲーターで音声ガイドも担当する女優、石原さとみさんが、改めて、フェルメールの魅力について語った。

 両親が美術館が大好きだった影響もあり、アートへの関心は人一倍だったという石原さん。一人暮らしを始めてからは、ポストカードやレプリカの絵を部屋に飾ったり。そんな石原さんが大阪展で展示されるフェルメール作品で最も好きなのは、「リュートを調弦する女」だという。

 「色も淡くてコンパクト。リビングに飾ってみたい。リュートの音や背景の古い地図の匂いまで感じられそう」と目を輝かせる。作品に描かれている女性は、美しい黄色の上着を着ており、この上着は、「恋文」「手紙を書く女」にも登場する。「黄色のガウンを着た女性のシリーズがいいですよね。女心がわかっているというか、ワクワクドキドキします」

 「恋文」は大阪展だけの展示のためこの日、初めて鑑賞した。「画面のひび割れが見えたとき、絵も生きて年を重ねてるんだ、ということがわかった。大阪に来て見ることができて、本当によかった」

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ