PR

産経WEST 産経WEST

【正木利和の審美眼を磨く】「中国のセザンヌ」は日本で名を上げた

松鷹図 斉白石筆 中国・北京画院
松鷹図 斉白石筆 中国・北京画院

 さて、上手なのか、へたなのか。どちらに軍配をあげていいのやらわからない画家ほど気になるものである。キャッチコピーは「中国のかわいい水墨画、北京から京都へ」。京都市東山区の京都国立博物館( https://www.kyohaku.go.jp/ )で開催されている斉白石(せいはくせき)の回顧展のことである。

 たとえば、「松鷹図」。どこかユーモラスな鷹の顔に視線がとらわれるが、よく見て行くと、ふわふわとした羽の質感や鋭い爪で枝をつかむ姿は、対象を丁寧に観察していなければ決して描くことのできないものだとわかる。

 筆をさっと素早く動かして描いた松の木の幹と枝も後方の幹を薄い墨、前にある枝を濃い墨を使って表現することで、遠近感を演出している。

 おおざっぱなようでいて、実は画家の細やかな神経が見て取れるのである。

 そうした細やかな神経は、ハチやバッタなど虫やエビ、カニなどの絵の描き込み方をみていれば、より明確になるに違いない。

 たとえば「工虫画冊」のなかの黒いアゲハは、画面から飛び出てくるかのようなリアリティーをもっている。

 素朴にして繊細な絵。それを生んだ画家は、どういう人物だったのか。

     □    □

 斉白石は清時代1863年に生まれ、1957年に亡くなった清朝末期から現代にかけての画家であり、書家、篆刻家である。

 湖南省の貧農の出で、白石山人は号。初名は純芝、のちコウと改めた。幼いころは子守や芝刈りをしながら過ごしたといわれ、13歳のときに指物大工のもとに弟子入りさせられている。のちに画家となっても別号に「木人」や「木居士」を名乗っているのは、木工出身であるということを忘れないためだといわれる。

 20代初めには画譜を自習して肖像画を描いたりしていた白石が画家を志したのは27歳のとき。遅咲きの画家が絵を売って生活できるようになったのは30歳を過ぎてからのことだ。

 白石が影響を受けた画家は八大山人(1625~1705年)であるといわれる。明の遺臣の息子で、父の遺志をついでろうあ者を装い僧侶になった八大山人の絵は、清朝に対する抵抗の精神が強くにじみ、魚は目をいからし、鳥もまた目をむいて天を仰いでいる。

 しかし、このころはまだ美人画を得意とし、「斉美人」の名が残るほどであった。白石が全国を遊歴、売画と刻印で生計をたててゆくようになるのは40歳を過ぎてからだった。

     □    □

 彼の画名を上げたのは、実は日本での展覧会がきっかけだったといわれる。1922年の「日中連合絵画展」である。

 伝統的な山水画が多いなか、白石のはっきりした構図が、当時の日本で絶賛されたといわれている。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ