PR

産経WEST 産経WEST

関空橋桁、取り付け完了 連休前に完全復旧へ

Messenger
新しい橋桁の設置作業が完了した関西空港連絡橋=14日午前
新しい橋桁の設置作業が完了した関西空港連絡橋=14日午前

 昨年9月の台風21号によるタンカー衝突事故で破損した関西空港連絡橋の橋桁の架設工事が14日未明に終了し、南側車線の橋桁がつながった。西日本高速道路(大阪市)によると、道路部のアスファルト舗装工事などを経て、3月中に上下各2車線での通行を再開。全6車線の完全復旧は4~5月の大型連休前になる見通し。

 台風21号の強風で流されたタンカーが連絡橋に衝突、南側車線の橋桁2本が破損した。橋桁は撤去され、堺市と和歌山県海南市の工場でそれぞれ修復・新造。大型クレーン船(フローティングクレーン)を使って、12日から架設工事が行われていた。

 当初、橋桁を修復するまで1年以上かかると見込まれたが、作業の効率化などで約5カ月に短縮した。現在は被害のなかった北側を上り1車線、下り2車線の対面通行にして運用している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ