PR

産経WEST 産経WEST

大阪の公立高、全日制普通科平均1・17倍

Messenger

 大阪府公立中学校長会は12日、府内公立高校入試の第3回進路希望調査結果(1日現在)を発表した。対象は、一般選抜に出願予定の公立中学3年生で、全日制普通科(単位制を除く)には、2万2360人の総募集人員に対し、2万6169人が進学を希望し、平均倍率は1・17倍となっている。

 学校別で倍率が最も高いのは、三国丘(2・02倍)。春日丘(1・95倍)、久米田(1・83倍)、花園(1・74倍)、茨木(1・71倍)と続いた。進学実績の高い文理学科に人気が集まっており、募集人員3480人に対して5103人が希望している。一方、希望者が定員に満たないのは、全日制普通科で28校、専門学科で20校、総合学科8校あった。

 一般選抜は、3月1、4、5日に出願を受け付け、11日に学力検査を実施する。合格発表は19日。

▼【関連ニュース】慶應義塾大学、薬学部の入試問題と解答例・分析

▼【関連特集】東大、京大、早慶、関関同立…入試問題と解答例・分析

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ