PR

産経WEST 産経WEST

自動運転バスの走行実験を実施へ 鳥取の中山間地

Messenger
自動運転バス走行実験に使われる小型バス「ポンチョ」
自動運転バス走行実験に使われる小型バス「ポンチョ」

 鳥取県八頭町で3月23日から、公道を使った自動運転バスの走行実験が行われる。約7・2キロの区間を使用し、中山間地での自動運転実用化に向けた課題を検証する。

 実験は4月5日までの2週間、同町と、ソフトバンク子会社で自動運転関連技術開発の「SBドライブ」(東京都港区)が行う。郡家駅から大江ノ郷自然牧場まで県道・国道を通る約7・2キロの区間で、1日当たり6便を運行する計画。既存の町営バス路線とほぼ重なる区間で実験する。

 自動運転用に改造した同社所有の小型バス「日野ポンチョ」1台を用い、運転手が運転席に座ってハンドルを握らない状態で運行する。中山間地での衛星利用測位システム(GPS)を使った自動運転の状況を検証するのをはじめ、途中の八頭高校前バス停では、適正な距離や速度で止まれるかをチェックする。

 また、自動運転にもたれている不安に対し、実際に走行を見てもらい、きちんと制御された安全なものだと住民に理解してもらうのも大きな目的という。バスは、法定速度の時速50キロに対して30~40キロぐらいで走る予定といい、走行実験中であることを表示するなど安全対策をとる。

 同町は町営バスを運行しているが、ドライバーが高齢化・不足しており、住民の移動手段の確保とコスト削減が課題になっている。平成28年5月にはSBドライブと、自動運転バスの事業化に向けた連携協定を締結。2020年に本格的な実用化を目指している。

 同町では28日まで、自動運転バス走行実験の試乗者を募集している。3月24日~4月5日が対象で、募集人員は700人。参加は無料で、1便当たり9人が乗車できる。問い合わせは同町地方創生室(0858・76・0213)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ