PR

産経WEST 産経WEST

京大吉田寮問題、条件付きで学生に新棟居住認める

Messenger
築100年を超え老朽化した吉田寮=京都市左京区
築100年を超え老朽化した吉田寮=京都市左京区

 京都大吉田寮(京都市左京区)の老朽化をめぐり、大学側が寮生全員の退去を求めている問題で、大学は12日、平成27年に建設された新棟について、一定の条件を満たせば学生の居住を認める方針を発表した。

 大学によると、新棟に居住するには、入寮募集を行わず、大学教職員の新棟への立ち入りを認めるなど一定の条件を満たすことが必要。大学側はこれらの条件を満たす寮生とは話し合いも行うという。

 また大学は、築100年を超える現棟の居住者には改めて退去するよう通告。現棟の安全を確保し、設備を整えるなどした上で引き続き学生寄宿舎として活用する考えも示した。

 会見した川添信介副学長は「現棟の建築物としての歴史的経緯には配慮しようと思うが、まずは退去してもらわないと話が進まない」と話した。寮生の一人は取材に「吉田寮のあり方を大学側が一方的に出してきた。寮としては容認できない」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ