PR

産経WEST 産経WEST

嘆きとユーモア…平成経済を綴ったサラリーマン川柳

Messenger

延びる定年、働き方改革、そしてAI…

 バブル崩壊の痛手から抜け出した日本だが、いまは生産年齢人口の減少を背景とした低成長時代の真っただ中にある。リストラを懸命に進めてきた企業も、うって変わって人手不足の問題に直面。人材確保が大きな悩みとなっている。

 25年には年金支給開始年齢の引き上げを背景に希望者全員の65歳までの雇用確保を企業に原則義務付ける改正高年齢者雇用安定法が施行された。

 「人生の 余暇はいつくる 再雇用」(年金未受給者 30年)

 「再雇用 昨日の部下に 指示仰ぐ」(白いカラス 30年)

 定年を迎えたものの嘱託などの待遇で働かねばならない還暦サラリーマンの哀愁がにじむ。

 安定雇用につながる定年制廃止や定年引き上げは一部の企業に限られ、厚生労働省の30年調査では、定年後の再雇用などの継続雇用制度が8割近くを占める。

 「たたき上げ 育てた女子が いま上司」(そらみみ 28年)

 50歳半ばで役職を後輩にゆずり、給与が大幅にダウンするサラリーマンも多い。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ