PR

産経WEST 産経WEST

進むゲノム編集、揺れる科学界 生命操作の許容範囲は

Messenger

 受精卵で改変された遺伝情報は将来の子孫にも受け継がれる。狙い通りの改変を行っても、新たな遺伝病を生み出す危険性もある。国家や親の望み通りの能力や容姿を持った「デザイナー・ベビー」への応用も危惧され、人類の進化に影響を与えかねない。

 日本では不妊治療などを目的としてゲノム編集を受精卵に施す基礎研究が4月にも解禁される見通し。一方、厚生労働省と文部科学省は昨年末、ゲノム編集を行った受精卵を人や動物の胎内へ戻すことは認めないとする指針案をまとめた。

 ただ、あくまでルールであり、罰則はない。日本遺伝子細胞治療学会理事長の藤堂具紀(ともき)東京大教授は「研究者倫理に委ねられるところが大きく、悪意を持ってやろうと思えばできてしまう。技術の悪用を防止するためにも法整備が必要だ」と指摘している。

(有年由貴子)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ