PR

産経WEST 産経WEST

ホルンの音色でシカ誘う 奈良で「鹿寄せ」

Messenger
ナチュラルホルンの音に誘われ、駆け寄るシカ=奈良市
ナチュラルホルンの音に誘われ、駆け寄るシカ=奈良市

 ナチュラルホルンの音色でシカを誘う恒例の「鹿寄せ」が9日朝、奈良市の奈良公園で始まった。寒空の下、ホルンの音が公園内に響き渡ると、おなかをすかせたシカたちが集まり、ドングリをほおばっていた。

 奈良市と市観光協会が企画する「奈良大和路キャンペーン」の一環。奈良の鹿愛護会の職員(23)が、ナチュラルホルンでベートーベンの「田園」の一節を演奏すると、林の奥などからシカの群れが続々と現れ、用意されたドングリをおいしそうに食べていた。

 初日は150人以上の観光客らが集まり、写真を撮影したり、鹿せんべいをあげたりして楽しんでいた。愛知県豊川市から観光に訪れた公務員(36)は「シカの群れが一斉に駆け寄ってきて迫力がありました。とてもかわいらしいですね」と笑顔で話していた。

 3月13日までの毎朝午前10時から(月曜を除く)。問い合わせは奈良の鹿愛護会(0742・22・2388)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ