PR

産経WEST 産経WEST

岡山の「美作ソフトボールクラブ」全国大会へ

Messenger
全国制覇へ向けて意気込む「美作ソフトボールクラブ」=岡山県津山市
全国制覇へ向けて意気込む「美作ソフトボールクラブ」=岡山県津山市

 岡山県美咲町の小学生ソフトボールチーム「美作ソフトボールクラブ」が、県代表として3月23日に高知県で開幕する全国大会「第12回春季全日本小学生男子大会」への出場を決めた。チーム結成5年目で春季大会初出場という快挙に「次は全国制覇」と、メンバーはさらなる高みを目指している。

 所属メンバーは現在、同町をはじめ、勝央、鏡野両町、津山、美作両市など県北部の小学3~6年生の男女46人。女子も参加できる大会には5年生以下25人が出場する。

 チームは平成29年、夏の全国大会でも初出場を決めており、「春季大会にも」と奮起。県内16チームがトーナメント戦で競った予選で準優勝し、優勝した「新見ジュニアソフトボールクラブ」(新見市)とともに県代表に選ばれた。

 畑田利行監督(45)は「『勝ちたい』という気持ちを前面に出して戦えた」と振り返り「ミスをしても先を見据えて、気持ちをすぐに切り替えられた」とメンバーの成長をたたえる。

 また、投手の岩本璃美(りみ)さん(11)=津山市立誠道小5年=が、試合中に左手を骨折していたことに気付かず、投げきっていたというエピソードも話し「それほどみんな強気だったんでしょう」と言う。

 主将の小賀(おが)唯美(ゆいみ)さん(11)=美咲町立加美小5年=は「『次は全国制覇』という目標に向かって、メンバーみんなの気持ちが一つになっている。応援してくれている周囲の方の期待にも応えられるよう頑張りたい」と意気込んだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ