PR

産経WEST 産経WEST

小4息子にオイル缶投げつけ 容疑の父親を逮捕

Messenger

 小学4年の三男にオイル缶を投げつけるなどしたとして、兵庫県警加古川署は6日、暴行の疑いで、兵庫県加古川市の建設業、山元健輔容疑者(44)を逮捕したと発表した。容疑を認め、「宿題が終わらないのに腹が立った」と供述しているという。逮捕日は5日。

 逮捕容疑は1月31日午後10時ごろ、自宅のリビングで三男(10)の左脇腹を拳で数回殴ったほか、オイル缶や水筒を頭に向かって投げ付けたり、髪の毛をつかんで棚に頭をぶつけたりしたとしている。

 今月4日、三男が小学校の担任に「お父さんに投げられた」と暴行を打ち明け発覚。学校から連絡を受けた市が虐待の疑いがあるとして兵庫県中央こども家庭センターに通告し、翌5日に三男は一時保護された。同署によると、中学生の次男も虐待を受けた可能性があるとして一時保護されているという。

 山元容疑者は妻と3人の子供と生活していた。同署によると調べに対し妻は「夫が怖くて止められなかった」と話しているという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ