PR

産経WEST 産経WEST

台風21号、大阪市街では風速60~70メートル暴風か 京大推定

Messenger
京都大防災研のシミュレーションのイメージ図(イラスト:はやのん理系漫画制作室/京都大提供)
京都大防災研のシミュレーションのイメージ図(イラスト:はやのん理系漫画制作室/京都大提供)

 平成30年9月に台風21号が近畿地方を襲った際、最大瞬間風速47・4メートル(秒速)を観測した大阪市内で、難波など中心市街地では局所的にさらに強い毎秒60~70メートルの暴風が吹いていたと、京都大防災研究所の竹見哲也准教授(気象学)らのグループが推定した。研究成果は日本の国際学術誌電子版に掲載された。

 大阪管区気象台によると、台風21号の大阪市内の最大瞬間風速は同市中央区の観測所で、同市内では観測史上3位となる47・4メートルを観測している。

 グループは今回、高層ビルの谷間が多数あり、高さの違うビルが混在する都市部では、ビルの間を猛烈な突風が吹き下ろすなどして、瞬間的に風速が強くなる現象があることに着目。観測所よりも強い風が局所的に吹いていた可能性があるとみて、シミュレーションを行った。

 大型計算機に実際と同じ建物の配置や高さのデータを入力し、台風21号前後の気象情報も反映。その結果、難波駅付近(同区)などで瞬間的に60~70メートルの暴風が吹いていた可能性があると推定できたという。

 竹見准教授は「都市部での防災や都市計画を考える際に、こうした推定が生かされるはずだ」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ