PR

産経WEST 産経WEST

吉本新喜劇が新体制発表、内場勝則と辻本茂雄が座長勇退

Messenger
吉本新喜劇の新体制発表会見を行った下段左から諸見里大介、清水けんじ、吉田裕、信濃岳夫、上段左からすっちー、川畑泰史、小籔千豊、酒井藍
吉本新喜劇の新体制発表会見を行った下段左から諸見里大介、清水けんじ、吉田裕、信濃岳夫、上段左からすっちー、川畑泰史、小籔千豊、酒井藍

 吉本新喜劇の新体制発表会見が4日、大阪市内で行われ、内場勝則と辻本茂雄が座長を勇退することが発表された。

 「新体制おめでとうございます。今、スポーツなど若い人たちの勢いが素晴らしいです。吉本新喜劇もエンターテインメントの世界も若い人が中心となった力が必要です! 新年号元年の年にスタートする新体制の新喜劇、私には思いつかんかったなぁーというものを期待してます!」と内場はコメントした。平成11年に座長に就任。「イィィィィーーー!」のギャグで人気を博し、最近ではNHK連続テレビ小説「わろてんか」やTBS系「下町ロケット」などのドラマにも出演してきた。

 辻本も同年に座長を就任。「茂造じいさん」のキャラクターでおなじみに。「新体制になり、これからはベテランとして吉本新喜劇を支えていきます。ライバルは島田一の介兄さんです(笑)! そして、自分自身のイベントでは、座長を務め吉本新喜劇をさらに盛り上げていきます!」とコメントを寄せた。

 座長最終公演は辻本は19~25日、内場は26日~3月4日、ともに大阪・なんばグランド花月となり、今後はベテラン座員として新喜劇に出演する。

 この日の会見には小籔千豊、川畑泰史、すっちー、酒井藍の4座長と次期座長候補として新設された「リーダー」のポストに就任した清水けんじ、吉田裕、信濃岳夫、諸見里大介が出席。3月1日に60周年を迎える新喜劇の世代交代を発表した。

 小籔は「70周年のときは僕や川畑さんは勇退しているかもしれませんので、ネクスト座長が出てくることは新喜劇にとってはいいこと。早いこと、イケている座長をつくりたい」とエールを送った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ