PR

産経WEST 産経WEST

業者側が市職員に漏洩依頼か 西宮市官製談合

Messenger

 兵庫県西宮市が平成29年に発注した下水管工事をめぐり、市職員と落札業者の3人が逮捕された官製談合事件で、業者側が市職員に非公表の入札情報の漏洩(ろうえい)を依頼した疑いのあることが30日、捜査関係者への取材で分かった。兵庫県警は同日までに市役所など関係先を家宅捜索。押収資料を分析し、不正が起きた構造的な背景を捜査している。

 逮捕された市職員は、西宮市下水建設課副主査の広瀬大輔容疑者(35)。同市の土木建設会社「大喜(だいき)建設」に入札情報を漏らして落札させたとして、官製談合防止法違反などの疑いで逮捕された。

 市などによると、同社は27年10月以降、広瀬容疑者が担当した下水道関連工事4件を落札。落札額と非公表の最低制限価格との差は最大でも0・68%だった。同価格は工事の品質低下などを防ぐために市が設定した金額で、下回った額で応札した業者は失格となる。

 捜査関係者によると、広瀬容疑者は失格ラインの算出根拠となる設計金額などを知る立場。同社側が工事を確実に落札しようと広瀬容疑者に接近し、漏洩を依頼した疑いがあるという。

 これまでの調べでは、広瀬容疑者は29年6月に同社の共同企業体(JV)が受注した2億円規模の下水管新設工事で、事前に設計金額などを漏洩。同社側は設計金額から最低制限価格を割り出し、JVで落札した疑いが持たれている。落札額と同価格との差はわずか約4万円だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ