PR

産経WEST 産経WEST

彦根警官射殺、元巡査が起訴内容認める

Messenger
発砲事件があった河瀬駅前交番。正面玄関はブルーシートがかけられた=彦根市
発砲事件があった河瀬駅前交番。正面玄関はブルーシートがかけられた=彦根市

 滋賀県彦根市の交番で昨年4月、自分の教育係だった井本光(あきら)巡査部長=当時(41)、警部に特進=を拳銃で射殺したとして、殺人罪などに問われた元巡査の男(20)=懲戒免職、事件当時少年=の裁判員裁判の初公判が30日、大津地裁(伊藤寛樹裁判長)で開かれた。罪状認否で元巡査は「その通りです。間違いありません」と述べ、起訴内容を認めた。弁護側はストレスなどによる心神耗弱(こうじゃく)状態だったと主張した。

 犯行時の刑事責任能力の程度が争点。検察側は冒頭陳述で、元巡査について「日頃から(井本巡査部長の)指導に鬱憤をためており、当日も行方不明者届の作成ができないと答えたことを叱責され、ためていた怒りが爆発し殺害を決意した」と指摘した。

 弁護側も冒頭陳述し、起訴内容については争わないとした上で「(元巡査は)ストレスや睡眠不足などから正しい判断ができない心神耗弱状態だった」とし、責任能力は限定的だったと主張。元巡査が犯行直前に両親をけなされ「この人を殺すしかないと殺害を決意した」とも述べた。

 その後の審理では、犯行の一部始終を記録した交番内の防犯カメラの映像や、「(元巡査は)厳しい指導に疲れた様子だった」などとする同僚の供述などが検察側の証拠として示された。

 起訴状によると、元巡査は昨年4月11日午後7時45分ごろ、勤務先の同県彦根市南川瀬町の河瀬駅前交番で、井本巡査部長の頭や背中を拳銃で撃って殺害したなどとしている。元巡査は井本巡査部長を殺害後に拳銃を所持したまま逃走したが、翌日未明に同県愛荘町(あいしょうちょう)内で身柄を確保され、逮捕された。

 元巡査は事件当時19歳だったため逮捕、送検後に大津家裁に送致されたが、家裁は刑事処分が相当として検察官送致(逆送)を決定。大津地検は昨年6月に起訴した。起訴後に弁護側の申請で元巡査の精神鑑定が行われており、公判では鑑定人への尋問も行われる予定。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ