PR

産経WEST 産経WEST

東海道新幹線一時運転見合わせ 5万3千人に影響

Messenger

 28日午後6時45分ごろ、東京発新大阪行き東海道新幹線のぞみ243号が愛知県稲沢市の名古屋-岐阜羽島間を走行中、運転士が車両の異常を示す表示に気付き、列車を停止させた。乗務員が車両点検し、異常は確認されなかったが、原因を調べるため岐阜羽島駅で運休した。

 JR東海によると、このトラブルの影響で、下り線1本が運休、上下線で計58本が最大1時間35分遅れ、約5万3千人に影響した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ