PR

産経WEST 産経WEST

大阪・天牛堺書店が破産 オダサクの「天牛書店」とは別

Messenger
閉店を知らせる天牛堺書店の張り紙=28日午後、堺市
閉店を知らせる天牛堺書店の張り紙=28日午後、堺市

 堺市を中心に大阪府内で書店12店舗を展開する「天牛堺書店」(堺市南区)が28日、大阪地裁堺支部に自己破産を申請、破産手続き開始決定を受けたことがわかった。信用調査会社の帝国データバンク大阪支社によると、負債額は昨年5月期末時点で約16億4千万円という。

 同社によると、天牛堺書店は昭和38(1963)年に創業。古本買い取り店から発足し、新書と古書を併売する業態で知られ、最盛期には年売上高約28億円を計上した。

 しかし、インターネット書籍販売者の台頭や若者の活字離れなどにより店舗の集客力が低下し、昨年5月期の年売上高は約18億円まで減少。近年は店舗の閉鎖も相次いでいた。

 今回、自己破産した「天牛堺書店」は、大阪出身の作家、織田作之助の代表作『夫婦善哉』にも登場する老舗古書店「天牛書店」(大阪府吹田市)とは無関係。

▼【関連ニュース】大型M&A吹き荒れる業界…武田薬品、サバイバルどう挑む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ