PR

産経WEST 産経WEST

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】ガンバレ原口、そして矢野阪神も

がんを公表した原口文仁。早期復帰が望まれる(撮影・山田喜貴)
がんを公表した原口文仁。早期復帰が望まれる(撮影・山田喜貴)

 ガンバレ原口!! 今週末の2月1日から始まる春季キャンプを前に衝撃的なニュースが流れました。原口文仁捕手(26)が自身のツイッターアカウントを開設し、大腸がんであることを公表したのです。近日中に手術を受け、治療に専念するため春季キャンプは参加できません。しかし、腰痛や骨折など過去にもさまざまな障害を乗り越え、昨季はシーズン代打安打の球団記録「23」に並んだ不屈の男です。きっと完全回復して今季中には元気な姿を1軍の試合で見せてくれるはずです。一方で原口復帰のその時、V戦線にいるための善後策が矢野燿大(あきひろ)監督(50)には求められますね。

ツイッターで大腸がん報告

 さあ、いよいよ春季キャンプへ…。球春の高まりを感じ始めた矢先に驚くようなニュースが飛び込んできました。春季キャンプの1軍メンバーから外れていた原口が自身のツイッターアカウントを開設。大腸がんであることを公表したのです。

 『いつも応援して頂きありがとうございます。皆様にご報告があります。プロ10年目を迎えるにあたり昨年末、人間ドックを受診したところガンと診断されました。病名を聞いたときは、さすがに驚き、動揺したのも事実です。

 しかし、今はプロ野球選手という立場でこの病気になったことを自分の使命だとも思えます。同じガン患者の方々、またそのご家族の方々にとって少しでも夢や希望となれるよう精いっぱい、治療に励みたいと思っています。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ